2020年4月1日、Goodpatchへ新たに11名の新卒社員がジョインしました!
2月中旬よりリモートワークを推奨してきたGoodpatchですが、世界規模で広がる新型コロナウイルスの感染予防のため、3/30より出社禁止の判断をしています。そのため、今年の入社式はフルリモートでの開催となりました。(※集合写真は3/30以前に撮影したものです)

150名以上のGoodpatchメンバー全員が、それぞれの自宅から参加したフルリモートの入社式。そこでどのような入社体験をデザインしたのか、これからGoodpatchというストーリーの登場人物になる彼らの記念すべき初日を例に、ご紹介します。

過去の入社式のレポートはこちらからご覧ください。
2018新卒:
グッドパッチの新卒に密着取材!入社式からワークショップまで、入社初日を大公開
2019新卒:
最高のチームの一員になる、入社式のエクスペリエンスデザイン

入社初日のコンセプトは「会社のストーリーのつくり手になる日」

企業には必ず「ストーリー」があります。Goodpatchに新卒入社するメンバーは、新しい登場人物として、企業に厚みをもたらす存在です。入社初日は、そんな新卒たちが登場人物になった自覚を持てるエクスペリエンスデザインをしたいと考え、入社式のコンセプトを「会社のストーリーのつくり手になる日」に決めました。

つくり手の一員になる実感が持てる、エクスペリエンスデザイン

ウェルカム感を表すメンターとの自己紹介ボード

新卒のメンバーには、メンバー一人ひとりに1年間メンターがつきます。メンターは新卒メンバーのオフィスライフをサポートするお姉さん、お兄さんのような存在。新卒メンバーと毎月ランチに行ったり、気軽に声をかけ合える先輩としてGoodpatchでの新生活を支えてくれます。

毎年、メンターからのメッセージはウェルカムカードに手描きしたものを手渡ししていましたが、今年は直接渡すことができないため、急遽社内用のビジュアルコラボレーションツールを使って、メンターからのメッセージと自己紹介が書き込まれたボードを作成。フルリモートの入社初日を迎えた新卒メンバーにとっては、ちょっとしたサプライズが演出できました。

毎年恒例のプレゼント、ピクサー本

ピクサーは、Goodpatchがリスペクトし、目指している最高のチームです。そんなチームのあり方を新卒メンバーにも知ってもらうべく、毎年新卒社員にはCEOからのプレゼントとして『ピクサー流 創造するちから』を贈っています。今後も読み返すなど大切な一冊になるようにと想いを込めて、Goodpatchらしいブルーのリボンでラッピング。こちらは出社禁止になる直前に、新卒メンバーへプレゼントすることができました。自宅で過ごす時間も充実できるのではないでしょうか。

Slackでも遊び心ある歓迎が

入社式の前日、Slackで新卒メンバー全員の絵文字が誕生!オンラインでのコミュニケーションが続く今だからこそ、小さな遊び心を取り入れると明るい気分になりますね。GoodpatchのSlack活用術についてはこちらでもご紹介しています!

Slackに登場したメンバーのニックネームスタンプ

最高のつくり手としてこだわった自己紹介スライド

いよいよフルリモートでの入社式がスタート。zoomには150名のGoodpatchメンバーたちが集まりました!最初のコンテンツは、新卒それぞれがこだわったスライドを使った自己紹介。自分たちが認識しやすいようにと、zoomの背景をGoodpatchブルーに設定するなど用意もバッチリです。それぞれ、どのような意気込みで今日を迎えたかを語り、先輩社員たちも会社に吹きこむ新しい風にワクワクしている様子でした。

CEOからのメッセージ

こだわりの自己紹介をしてくれた新卒たちに、代表土屋から贈られたメッセージは「仲間、成長、期待」の3つ。

「仲間」で出たのは、Goodpatchの第一号社員で土屋が唯一の同期と呼ぶメンバーの話。同期は、損得勘定なしで付き合えて、助けてくれる存在。自分が何者でもない状態で出会った仲間は、一生ものになると語りました。
「成長」では、会社や上司、プロジェクトなど、誰かに成長を委ねてはいけないこと。そして、成長を目的にせず成果にコミットすることで成長できることを話し、新卒社員以外のメンバーも深く共感していたようです。
そして最後に、Goodpatchというストーリーの登場人物になる覚悟と、ストーリーをつくるために行動を起こす力についても言及し、「君達がGoodpatchのストーリーの可能性を広げてほしい」とメッセージを投げかけました。

お互いを知るワークショップ

ランチタイムを終えた午後からは、新卒メンバーがひとつのチームとしてより団結するために、お互いを知るワークショップを行いました!お互いの理解を深め、オンラインであっても大切な仲間との距離を身近に感じてもらえるよう開催しました。

自分史、SWOT表、マイバリューをつくってみる

オンライン上でつくった自分史やSWOT表の一部

ワークでやったことは、自身の過去を振り返り「幼少期」「少年期」「青年期」「成人期」にどんな経験をしたかや心に残っているエピソードの共有。そして、自身のSWOT表とマイバリューを作成して発表しました。発表中はボード上にリアルタイムで感想を残すなど、オンラインならではの盛り上がりも見せながら進んでいきました。

お互いを知るワークは自分自身を見つめ直すことにもつながり、同期の価値観の源泉に触れ理解を深めることもでき、充実した時間になったようです。「みんなのこれまでの歩みを初めて知り、11人11様の人生を振り返るのは面白かった」「それぞれ全く異なる環境で成長したが、グッドパッチに行きつき、これから一緒に歩んでいけると思うとワクワクが止まらない!」などの声が入社初日の新卒たちの日報には書かれていました。

ストーリーのつくり手たちのこれから

今回は、20卒の入社初日のエクスペリエンスデザインについてご紹介しました!1年後には先輩になる新卒メンバーと一緒に、来年以降もブラッシュアップしていきたいと思います。新たな登場人物が増えたGoodpatchに今後もぜひご期待ください!

また、Goodpatchに少しでも興味を持ってくれた方は、ぜひオンライン説明会でお話ししましょう。お待ちしています!