企業と個人の関係性が多様化してきた現在、従業員体験(Employee Experience)という言葉を耳にする機会が増えています。企業に在籍する社員のエンゲージメントを高める取り組みとして、GoogleやAirbnb、Salesforceなど海外企業にも浸透している考え方です。

Goodpatchには、2018年9月よりPeople Experienceチームが存在します。“Employee”よりも人間という意味合いが強い“People”という言葉には、Goodpatchの強みである体験のデザインを活かして、ステークホルダーすべてに人として向き合うという意味が込められています。

People Experienceチームが実践している取り組みのひとつに、新入社員のオンボーディングプログラムがあげられます。
一般的なオンボーディングプログラムは業務についての内容が中心ですが、Goodpatchでは新たなメンバーが最高のチームのつくり手になっていくために、会社のカルチャーを知り、理解してもらうためのプログラムも用意しています。

では、具体的にどんなオンボーディングプログラムを作っているのか。実施の背景と共にご紹介します。

入社前からカルチャーにアクセスできる、Goodpatch Wiki

WikiはGoodpatch Europeで導入されていた取り組みを、Goodpatch Tokyoでも展開しているものです。内定から入社までのあいだもカルチャーに触れられるよう、Goodpatchの創業ストーリーやビジョンとミッションに込められた想い、実績などに目を通すことができます。

つくり手のこだわりを込めたオンボーディンググッズ

入社初日のメンバーには、Goodpatchオリジナルのオンボーディンググッズをお渡ししています。いずれもPeople Experienceの観点でこだわってデザインされたものです。ここではその一部をご紹介します。

ウェルカムカード、ランチチケット、PATCHPASS

これらは、新しいメンバーがGoodpatchとより深くつながるために用意しているものです。手書きのメッセージを書き込んだ状態で贈られるウェルカムカードは、新卒メンバーの場合はメンターからのメッセージが書き込まれています。また、ランチチケットは新入社員が誰か一人、ランチを一緒にしたい人を選んで声をかけると、会社からランチ代の補助が出るというもの。1日でも早く会社に馴染めるように活用してもらっています。PATCHPASSとは、Goodpatchに興味を持ってくれた方に渡すことでオフィスツアーやカジュアル面談などができるチケット。会社のつくり手の一員になった自覚が生まれるのではないでしょうか。

フロアマップ

これから働くオフィスのことや、オンボーディングプログラムのプロセス、社内で定期的に開催されるイベントなど、新入社員の疑問に寄り添ってくれるのがこちらのマップです。入社初日にこれを目にしたら、きっとワクワクするような遊び心をちりばめて社内のデザイナーがデザインしました。

CEO自ら創業ストーリーを語る、ヒストリー研修

入社したメンバーにまず受けてもらうのが、代表土屋によるヒストリー研修です。
いつか起業をしたいと考えながらWebディレクターとしてサラリーマンをしていた土屋が、ひょんなことから家族をつれてシリコンバレーに渡り、現地のスタートアップのサービスを見てUI/UXの重要性に気づき、Goodpatchを創業する。そんなストーリーを直接、新入社員に語りかけます。

2時間に及ぶヒストリー研修を経て、Goodpatchのメンバーは誰でも創業ストーリーを語れるようになっていくのです。新入社員がストーリーの語り手になっていくことで、カルチャーへの理解を深めることを目指しています。

共通の価値観について理解を深めるバリュー研修

ビジョンとミッションを達成するための共通の価値観である、バリューについても、代表土屋が直接伝えています。組織崩壊を経験し、バリュー再構築のプロジェクトがスタートしたところから、それぞれの言葉に込められた想い。そして、バリューを体現した行動とはどんなものなのか、ワークを通して自分ごととしてバリューに向き合います。

5つのバリューそれぞれで、するべき行動、するべきではない行動を考えます。バリューに基づいた行動やフィードバックが積み重なって、会社のカルチャーを作ります。そのため、新入社員のバリュー研修はしっかり1時間使って実施しています。