【Podpatch #30】翻訳者であり作り手。Takram 渡邉さんに聞く、コンテクストデザイナーというお仕事

今回のゲスト

今回のゲストはTakramのコンテクストデザイナー 渡邉康太郎さんです。渡邉さんは、東京とロンドンに拠点を持つデザイン・イノベーション・ファームのTakramで「コンテクストデザイナー」としてご活躍され、ご自身のnoteなどでも精力的に情報発信をされています。コンテクストデザイナーというロールに至るまでに、どんな教育を受け、いつデザインと出会ったのか。そんな「コンテクストデザイナーのつくり方」を紐解きます。

話した内容

  • 渡邉さんの高校〜大学時代から教育のルーツを探る
  • 職業として「デザイナー」を意識した瞬間
  • Takramとの出会い
  • コンテクストデザイナーを名乗るきっかけ
  • もっとも美しいと感じるコンテクストデザインとは?

#30 翻訳者であり作り手。Takram 渡邉さんに聞く、コンテクストデザイナーというお仕事

SoundCloudで聴く
iTunesで購読する

RSSフィードを購読する : http://feedpress.me/podpatch

ABOUTこの記事をかいた人

Kaori Sugimoto

Goodpatchの経営企画室でPR/PXを担当しています。2017年5月入社。興味関心があるのは文脈のデザイン。ものごとの由来や歴史を調べるのが好きです。
  • Goodpatch Blog