【Podpatch#22】フィードバックツール「Balto」正式ローンチまでのデザインプロセス

Podpatch#22を公開しました!
今回は、グッドパッチが2017年1月に正式ローンチしたフィードバックツール「Balto」のデザインプロセスをデザイナーのカワマタ、プロダクトマネージャーの中村、そしてプロダクトオーナーであるCEO土屋と正式ローンチまでの道のりを振り返りました!

今回のゲスト

今回のゲストは2017年1月に正式ローンチしたフィードバックツール「Balto」の担当者2人。
ローンチ後多くの開発者の方にご利用いただき、先日念願のGitHub連携β版をローンチしたBaltoですが、正式ローンチするまでに2回も名前が変わり、1年半をかけてようやく正式ローンチしました。その1年半の間に何があったのか?その真相に迫ります!

1top

話した内容

  • 開発のきっかけ
  • 「Balto」が「Balto」になるまで
  • 「Balto」正式ローンチまでのデザインプロセス
  • 「Balto」の今後

Baltoについて

Baltoは、テストアプリにワンアクションでかんたんにスクリーンショットやムービーを添付してフィードバックを送ることができる開発支援ツールです。開発チームのフィードバックに際するコミュニケーションを円滑にし、アプリの改善サイクルを高速化します。

2017年1月に正式ローンチ

2017年1月の正式ローンチ時には、TechCrunchさんにも取材いただきました。
1b1e3e5c-e6a7-36a9-d9b2-1a026eee861f
スマホアプリ開発時のフィードバックをより手軽に実現、グッドパッチの新プロダクト「Balto」
http://jp.techcrunch.com/2017/01/26/goodpatch-balto/

3/22ローンチ!GitHub連携 β版

file-qJV9uoHRMs

Baltoで作ったフィードバックをGitHubにIssueとして送れるようになりました!
連携したリポジトリにフィードバックをIssueとして送ることができます。

詳しい使い方は下記リンクの「フィードバックをGitHubにIssueとして送る」をご覧ください。
http://balto-ja.helpscoutdocs.com/article/88-github-integration

#22 フィードバックツール「Balto」正式ローンチまでのデザインプロセス

SoundCloudで聴く
iTunesで購読する

RSSフィードを購読する : http://feedpress.me/podpatch

ABOUTこの記事をかいた人

YOKO TAKANO

1988年生まれ。千葉大学大学院工学研究科デザインマネジメント博士前期課程修了。学生時代にはデザイナーを目指し6年間かけてUI/UXデザインを学ぶも卒業後は、IT企業で新規事業開発・事業推進を担当。2016年1月から株式会社グッドパッチに社長室広報として入社。デザインの力を証明するというミッションのもと広報をつとめています。Wantedly blogも毎週更新中! https://www.wantedly.com/feed/s/goodpatch
  • Goodpatch Blog