新しいものが大好きなGoodpatchで5月に話題になった アプリ、サービス、デザインまとめ(2018)

google io 2018

こんにちは、エンジニアの石井です。
今月は、以前のまとめでも取り上げたジョン・マエダ氏のDesign In Tech Report 2018の翻訳版が公開されたり、Google I/O 2018が開催されたりとデザインにまつわるトピックスが盛り沢山でしたね!

それでは、今月Goodpatchで話題になったプロダクトやサービス、デザインをご紹介します。
過去の月間まとめはコチラからどうぞ。

デザイン

Material Design

material design

https://material.io/

今月の8~10日に行われたGoogle I/O 2018でMaterial Designのアップデートが発表されました!よりブランドイメージに合わせたビジュアルを提供することができるMaterial Themingや、基本コンポーネントの更新に加え、Outlined Buttonが正式にガイドラインに組み込まれるなど変更が盛り沢山です。2014年に発表されてから今日まで積極的なアップデートがされているMaterial Designはチェック必須です。GoodpatchでもI/O Extended 2018 Shibuya (Material Design Only!!)という関連イベントが行われていました。

「デザイン経営」宣言

デザイン経営宣言

http://www.meti.go.jp/press/2018/05/20180523002/20180523002-1.pdf

経済産業省・特許庁が5/23日に発表した「デザイン経営」宣言。ここでは、「デザインは、企業が大切にしている価値、それを実現しようとする意志を表現する営みである。さらに、⼈々が気づかないニーズを掘り起こし、事業にしていく営みでもある。」と書かれています。そしてそれらのニーズを企業の価値や意志と照らし合わせることで既存の事業に縛られずに事業化を構想できると述べています。日本にとってもデザインの価値が重要視されてきている典型的な事例ですね。これは必読です!

プロダクト

Google Wifi

google wifi

https://store.google.com/product/google_wifi

Google製のWi-Fiルーターが4月26日に日本で発売されました。Wi-Fiにつながっている端末に対して最速なWi-Fiチャンネルや通信帯域を自動的に選択肢、常にWi-Fi環境を最適なものにしてくれるそうです。複数台Google Wifiをつなげることで大きな部屋から家族が住むような家まで、どの空間でも一定のスピードを担保できるようになっています。またアプリでWi-Fiの状態を確認したり、管理したりすることもできるので、従来のWi-Fiの管理方法と比べて革新的なところも魅力の一つですね!

Oculus Go

Oculus Go

https://www.oculus.com/go/

5月1日に販売が開始された、スタンドアローンVRヘッドセットのOculus Go。装着性、スピーカー、レンズなどにこだわりがあり、 スマートフォンに繋いで様々なアプリをVRで楽しむことができます。これから更に加速していくAR/VRがより身近なものになるきっかけになるのではないでしょうか?Goodpatch内でもOculus Goを購入した社員が他の社員とコンテンツを体験して盛り上がっていました!

Suunto 3 Fitness

Suunto 3 Fitness

http://www.suunto.com/ja-JP/suunto-collections/suunto-3-fitness/

ヘルシンキ・ヴァンター発のスポーツ精密機器で世界をリードするSuuntoが、新たに発表したフィットネスウォッチSuunto 3 Fitnessです。この製品は、アクティブなライフスタイルを追求する健康志向の人々のために設計されており、個人のニーズに応じてフィットネスの向上に役立つトレーニングプランを作成してくれます。フィットネスのプランがパーソナライズされるのはとても魅力的です!

サービス

Cocoda!

Cocoda!

http://www.cocoda-design.com/

5月にβ版がリリースされた、デザイナーになりたい人がデザイナーになるためのデザインコミュニティサービスです。デザイナーになるための道のりを支援するとともに、同じ志を持つ仲間を増やすことができるのも魅力です。β版リリースイベントはGoodpatchで行いました。デザイナーになりたいけど何から始めればいいかわからない人にはピッタリのサービスだと思います!

spritapp

spritapp

https://spiritapp.io/

AnimateCCのようにタイムラインでDOMオブジェクトのアニメーションを作ることができるツールです!Chromeの拡張機能を入れると、実際のDOM要素に対してアニメーションの操作を行うことができます。また作成したアニメーションはJSONファイルとしてエクスポートすることができ、spritapp.jsを読み込んでいるHTML上で再生することもできるそうです。アニメーション作りがとても楽になるツールですね!

Instagram Payment

instagram payment

若者に大人気のアプリInstagramがアプリ移動をすることなく気になったものを購入できる機能「Instagram Payment」のテストを開始しています!食事や服、髪型などたくさんの嗜好情報をInstagramから得ている今の若者に対してInstagram上で買い物できることがものすごく大きな影響を持っていると考えられます。画像を見てそのまま商品を購入するというプロセスが日常的になる日も近いかもしれません。

Google Duplex

Google Duplex

こちらもGoogle I/Oで発表された内容で、人工知能が電話をかけて美容室やレストランなどの予約を取ってくれるサービスです。Google I/Oでは実際に電話先の人に対してAIが予約を取るデモンストレーションが行われました。AIの会話が本当に人間のようで、相手はAIと喋っていることに全く気づかなかったそうです。賛否両論ありますが、AIが人間と区別がつかなくなるほどの精度を出しているのは驚きですね!このようにテクノロジーが人間の生活の奥深くまで浸透していることが伺えます。

chloma x STYLY HMD collection

chloma

http://chloma-hmd-collection.com/

Microsoft主催のHoloLensアプリ開発コンテストにて、ビジネス最優秀賞を受賞したchloma x STYLY HMD collection。MRでショッピングができるアプリです。HoloLensを所持している人しかダウンロードはできませんが、未来の買い物に対する予見のようなものを示しているようなサービスだと思います。

ReDesigner

https://redesigner.jp/

Goodpatchが5/23に発表した新規事業です。このサービスはデザイナーに特化したキャリア支援サービスです。Goodpatchはこれまで、企業のプロダクトにおけるUI/UXデザインの開発や、従来よりも手軽にUI/UXデザインに取り組むためのツールの提供を行ってきました。今後はビジネスをリードするデザイン人材の輩出を目指し、人材事業を展開していきます!実はこちらのアイキャッチに写っているのは、全員Goodpatchのデザイナーなのです!事業責任者でもあるGoodpatchの佐宗がReDesignerの魅力やローンチまでのストーリーをブログにまとめておりますのでこちらも是非併せてご覧ください。

毎月新しい情報をお届けしておりますので、お楽しみに!

google io 2018

ABOUTこの記事をかいた人

Taiga Ishii

2018年4月からGoodpatchに新卒社員として入社。 職種はエンジニアで、現在はProttのサーバーサイドを担当している。
  • Goodpatch Blog