デザインの力でビジネスを前進させるグローバルデザインカンパニー株式会社グッドパッチ(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:土屋 尚史、以下「グッドパッチ」)は、2020年11月2日開催の取締役会において、新たに2名の役員人事について内定いたしましたのでお知らせいたします。なお、役員人事につきましては2020年11月27日に開催予定の第9回定時株主総会における承認をもって正式に決定される予定です。

新任取締役候補者略歴(50音順)

取締役執行役員 CFO 槇島 俊幸

マンツーマン英会話スクールのCFOとして東証マザーズ上場後、教育関連事業会社のCEO職等を経て、2019年2月にGoodpatchにジョイン。2019年9月より執行役員に就任。主な管掌領域は、経理・財務・IR。

ご挨拶
財務責任者として、そして事業責任者として、両面の実体験を経て、デザインの重要性を痛感していた中、IPOを目指すGoodpatchに出会いました。そこから約2年、Goodpatchは増々多くのクライアント様よりデザイン支援をさせていただく機会をいただいています。
最高のデザインを提供するためにも、Goodpatchが企業として健全に成長できるよう、企業体としてしっかりした基盤をバックオフィスのメンバーとともに作り上げていきます。また、内外のステークホルダーの皆様との信頼を構築しながら、さらなる企業価値向上を実現していきたいと思います。

取締役執行役員 松岡 毅

ビジネスコンサル、ゲーム開発会社を経て2017年2月にGoodpatchにジョイン。2018年9月より執行役員に就任。主な管掌領域は、国内デザインパートナー事業とGoodpatch Anywhere。

ご挨拶
コンサルティング会社を経てゲーム会社に転職したときに、ロジックや数字だけでなくユーザーさんや作り手が楽しめることも大切だと実感し、GoodpatchのVisionとMissionに魅了されました。それから3年半が経過しましたが、今も変わらずデザインによって多くの方々の課題を解決することにチームで全力で向き合っています。
クライアント様の事業成功に深くコミットしながらも、心が豊かになる、楽しめるデザインを追求していきたいと思っております。

当社は、新経営体制のもと、引き続きさらなる経営基盤の強化、企業価値向上およびコーポレートガバナンスの充実に努めてまいります。

【株式会社グッドパッチの会社概要】
グッドパッチは、東京、ベルリン、ミュンヘンにオフィスを構えるデザインの力でビジネスを前進させるグローバルデザインカンパニーです。
デザインパートナー事業では、新規事業の立ち上げ、既存事業のリニューアル、企業のデザイン戦略立案、デザイン組織構築支援などを行い、大企業からスタートアップまで企業が持つビジネス課題をデザインで解決しています。デザインプラットフォーム事業では、プロトタイピングツール「Prott(https://prottapp.com/ja/)」、デザイナー特化型キャリア支援サービス「ReDesigner(https://redesigner.jp/)」、フルリモートデザイン組織「Goodptach Anywhere(https://anywhere.goodpatch.com/)」、クラウド型ワークスペース「Strap(https://product.strap.app/)」提供しデザインの価値向上を目指しています。

会社名: 株式会社グッドパッチ
代表者: 代表取締役社長 土屋尚史
設立 : 2011年9月1日
所在地:東京都渋谷区鶯谷町3−3 VORT渋谷south 2F
事業 : UI/UXデザイン、ビジネスモデルデザイン、ブランド体験デザイン、組織デザイン、ソフトウェア開発
URL :https://goodpatch.com/
Facebook : https://www.facebook.com/goodpatch
Twitter :https://twitter.com/GoodpatchTokyo