Goodpatch Advent Calendarが始まります!

こんにちは。グッドパッチのフロントエンドエンジニア/グロースデザイナーのmigiです。

数年前からエンジニア界隈でこの時期に毎年盛り上がっているアドベントカレンダー。
今年は弊社のエンジニア総出で、グッドパッチのアドベントカレンダーを作っています!

Goodpatch Advent Calendar 2015 – Qiita

アドベントカレンダーとは?

アドベントカレンダー(Advent calendar)は、クリスマスまでの期間に日数を数えるために使用されるカレンダーである。アドベントの期間(イエス・キリストの降誕を待ち望む期間)に窓を毎日ひとつずつ開けていくカレンダーである。

Wikipediaからの引用ですが、もともとはこのような意味を持つアドベントカレンダー。

しかし、エンジニア界隈では「JavaScriptアドベントカレンダー」や「Rubyアドベントカレンダー」みたいな感じで、12月の1日から25日に向けてテーマに沿った記事を一人ずつアップしていくイベントとしても定着しています。
私も昨年は「AngularJS Advent Calendar」と「管理画面 Advent Calendar」に参加しました。

今回のこのGoodpatch Advent Calendarでは、特にテーマは絞らず、グッドパッチのエンジニアでそれぞれの得意分野についての記事を書いていこうと考えています。

 

グッドパッチにエンジニアいるの!?

実はこれ、しょっちゅう言われます。
「UIデザインの会社」としてのイメージが強すぎるせいで、開発は他の会社さんと一緒にやっていると思われている人が多いようです。

しかし結局のところ「デザイナーとエンジニアの距離が遠いと細かいところ(でも重要なところ)の調整が甘くなって良いものづくりができない」ということは代表の土屋も理解しており、グッドパッチ内ではそれぞれのプロジェクトでその2職種が手に手を取り合ってかなり近い距離間でプロダクトを作って行っております。

いま現在でいうと、実はデザイナーよりエンジニアの方が多い会社。それがグッドパッチです。

どんな内容になるの?

いま現在、こんな感じの内容になっています。

スクリーンショット 2015-11-30 14.05.57

アドベントカレンダーの常ではありますが、まだ何かを書くのかはみんなざっくりですね。。
ただ、ほとんどのメンバーがiOSやAndroid、フロントエンドのネタを書いていくかと思います。

すでに本日から始まっています!

トップバッターは弊社サービスのProttのフロントエンドエンジニアであるよしこの記事です。

Prottのテストを支える3つの施策(power-assert導入 & Protected branches & CI高速化)

明日以降も(たぶん)毎日新しい記事が上がっていくので、皆さま弊社のアドベントカレンダーをぜひチェックしてみてください!

Goodpatch Advent Calendar 2015 – Qiita

合わせて、グッドパッチではまだまだエンジニアを募集中です。
興味がある方はこちらをご覧くださいませー。

  • Goodpatch Blog