2020年9月1日に正式版をリリースをしたStrapは、チームでプロジェクトを進める全ての人に向けたクラウド型ワークスペースです。Strapを利用いただいている企業様へインタビューを実施し、Strapの魅力を探りました。

今回お話を伺ったのは、様々な業界における一流デザイナーが集結し、それぞれの叡智や想いを爆発させる日本最大級のデザインカンファレンス「Designship」を運営する、一般社団法人デザインシップ様です。

お話を伺った方:
一般社団法人デザインシップ 代表理事 広野 萌さん
一般社団法人デザインシップ 理事 細見 沙央梨さん
一般社団法人デザインシップ カンファレンス事業部長 武藤 篤司さん

だれでも直感的に使い始めることができる、シンプルな仕様

── Strapを利用しているチームの構成と担当プロジェクトについて教えてください。

広野さん:
Designshipは全体のデザインの統括や各種媒体などの実制作を行うブランドチーム、別法人の方々と企画進行を行うコラボレーションチーム、登壇者と連携するスピーカーチーム、PRを行うコミュニケーションチーム、ステージ運営を行うオペレーションチームの5つのチームに分かれています。その全体を統括するのがカンファレンス事業部です。

Strapは全体のキックオフミーティングや、それぞれのチームでのプランニングなどの際にアイディア出しや考えをまとめるために利用しています。

── DesignshipでStrapを利用し始めたきっかけは何ですか?

広野さん:
僕がStrapのβ版の事前登録をしていて、何か使える機会がないかと考えていました。初めは普段企業向けに開催しているセミナーで使おうと思ったのですが、時期が合わなくて使えず、ちょうどDesignshipのキックオフがあったのでここで使ってみようと思ったのがきっかけです。

キックオフの流れをカスタマージャーニーマップで作成し、モチベーショングラフを用いて気持ちの高揚をふざけて表してみたり、手探りで使い始めました。

── 実際に活用してみて、メンバーからどのような声が上がりましたか?

武藤さん:
特にメンバーからは声が上がりませんでした。それはStrapがすんなりと受け入れられスムーズな活用がされた表れでもあったので、逆にそれがよかったと思います。キックオフミーティングのモチベーショングラフのように、チームメンバーがお互いの気持ちを発言し合うという少し本来とは異なる工夫した使い方ができたのもよかったです。

細見さん:
私や武藤君は元々結構デジタルツールに慣れていたのですが、メンバーの中にはSlackなど初めて使うツールに手間取る方もいました。チームに新しいツールを導入するときは私や武藤君が使い方をレクチャーすることが多くありました。
一方、Strapを導入し始めた時は特に説明をしなくても皆スムーズに使うことができました。

職種を越えたチームの共通認識が作れた

── ぜひ、Strapの具体的な活用シーンを教えてください。

武藤さん:
全体キックオフミーティング、マスタースケジュールの作成に使いました。カンファレンス全体のマスタースケジュールをStrap上で管理していました。なので万が一Strapが落ちたりしたら、きっと何もできず大変なことになっていました。それぐらい欠かせないものでした!

キックオフミーティングでは、ボード上で参加者がどのチームに入りたいかを自身のアイコンを移動させてチーム分けをするなど、ちょっとしたワークにも使いました。


Strapでは、参加者のカーソルがボード上に表示され誰がどこでどんな作業をしているかわかる仕組みになっています。

細見さん:
カンファレンス全体の体験設計を考える際、ユーザーストーリーマッピングを作成しました。
イベント全体のユーザーストーリーを考えることでどのようなユーザー体験が与えられるかという共通認識をチームで作り、そこからテーマを考案。作成したストーリーマップを見ながら、どんなカンファレンスが良いかを付箋を使ってディスカッションしました。

武藤さん:
また、配信サイトの仕様を検討する際にも、映像のメンバーと開発メンバーと共同作業しながら機能要件をすり合わせ、整理するボードとして使っていましたね。

Designshipでは当日使用する配信サイトを自分たちのチーム内で開発しています。ただ、開発チーム内でやりたいことがいくらでも出てきてしまうという問題があったので、要件のプライオリティを整理するためにStrapを使って可視化し、すり合わせました。

細見さん:
こだわりの強いメンバーが多いのでやりたいことはできるだけやれるようにしたいのですが、後で要件が増えたりしないよう共通認識を作りました。
その共通認識を作れたというのが非常に大きくて、Strapがなかったらもっと機能が盛り盛りのものになってしまったと思います(笑)

── 職種を越えてチームの認識を揃えていくというのはStrapが目指す姿でもあるのでその通りに使っていただいていてとてもうれしいです。ありがとうございます。

Strapを共通のアウトプットの場に

── 実際に活用してみて、業務やプロジェクトにどんな変化がありましたか?

武藤さん:
イベントの運営やミーティングの実行は、オフラインの時よりもスケジュールの管理などが柔軟に出来るようになった分オンラインの方が動きやすくなった面があります。

そこへさらに、Strapを導入した効果がありました。これまでオンラインのコミュニケーションツールは慣れることにコストがかかってしまっていたのですが、Strapは誰でも使いやすく、難なく使えるとっつきやすさというメリットが大きかったんです。

細見さん:
オンラインでブレストする際、いまいち盛り上がらなかったり同時に話し出してしまったりとやりづらさを感じていました。Strapではそのようなストレスを感じることなく、共同編集しながら作り上げたアウトプットを通じたコミュニケーションができたため、非常にやりやすかったです。
カーソルが表示されることで誰がどこにいるかわかるようになり、当事者意識が生まれたと思います。

武藤さん:
あとは細かい話であるのですが、Designshipのメンバーは基本Gmailを使っていて、Strapの招待をそのアドレスへ送っています。そうするとStrap上ではGmailで使っているアイコンがデフォルトで設定されるんですよね。メンバーの顔を確認できるので助かりますし、親近感もあって良いですね。


Googleで使用しているアイコンがデフォルトで設定されます

── 正式リリースしたStrapに今後期待することがあれば教えてください。

広野さん:
スプレッドシートなど他のツールとの連携があったら良いなと思います。
僕は普段サービス開発でブレストをする際は他のビジュアルツールを使っているのですが、デザイナーだけではなくビジネスサイドやエンジニアの方といった、仕事でビジュアルツールを使ってない人とコラボレーションするときにStrapはとても有用だなと思っています。

ただ、デザイナー以外の方の多くはスプレッドシートやエクセルに考えをまとめることが多いじゃないですか。それをまたグルーピングしたりするのが大変なので、連携してデータが取り込めたらより様々な職種の方に使ってもらえると思います。

細見さん:
Slackで通知が来るとか、スケジュール管理やタスク管理もできればいいなと思います。

武藤さん:
細かい設定が不要でシンプルな設計になっているという、Strapの全体的な粒度がちょうどいい気がしてるんです。今年新しくタスク管理ツールを入れてみようと思ったんですが設定する時点で挫折しました(笑)
めんどくさがりな人が使いやすいくらいの感じがいいと思います。

細見さん:
Designshipは組織の形態上きっちり管理すると言うよりは基本的に要所だけ握って後は各自のペースで自由にやってね、というスタイルなので、Strapのように「共通認識を作る」ことに最適なツールは我々の運営にすごくマッチしていたと思います。

── Strapは普段グラフィックツールを使い慣れている方だけでなく、ビジネスサイドの方やエンジニアの方にも使いやすいツールを目指しています。

広野さん、細見さん、武藤さん、ありがとうございました!

 

Designshipは10月24・25日にオンライン開催されます。チケットはこちらからお申し込みいただけます。

 

Strapに興味を持ってくださった方へ

誰もが簡単に思考を図表化して、チームに共有し同じモノを見ながらコラボレーションできるStrapは、全てのチームのためのクラウドワークスペースを目指していきます。

資料ダウンロードはこちら: https://product.strap.app/resources
お問い合わせはこちら:https://product.strap.app/contact

追加機能やStrapの使い方についての最新情報はこちらで随時更新中!

公式Twitter
公式YouTube

Strapに関する記事一覧はこちら!
Strap紹介記事一覧