2020年9月1日に正式版をリリースをしたStrapは、チームでプロジェクトを進める全ての人に向けたクラウドワークスペースです。正式版リリースに先駆け、Strapβ版をご利用頂いた企業様にインタビューを実施し、Strapの魅力を探ります。

今回は、国内最大級のアフィリエイトサービス「JANet」「Smart-C」の運営をはじめ、全自動マーケティングプラットフォーム「UNICORN」など、幅広くインターネット広告事業を展開する株式会社アドウェイズ様です。

お話を伺った方:
クリエイティブDiv ゼネラルマネージャ 遠藤由依さん
UI/UXデザイナー 上田奈緒美さん

思考をそのまま共有できるのがStrapの魅力

── Strap β版を利用しているチームの構成と担当プロジェクトについて教えてください。

遠藤さん
アドウェイズには広告デザインチームとサービスデザインチームがあるのですが、現状サービスデザインチームの方がワークショップやブレインストーミングなどをする機会が多いため、Strapの利用頻度は高いです。サービスデザインチームだけでなく、社内のプロジェクト単位で、職種問わず一緒にStrapを使用しています。広告ディレクションなどでも使える機会があると思っているので利用範囲を広げて行っています。

上田さん
私はチームメンバー4名の社内向けの1プロジェクトで利用しています。チームではミーティング時のホワイトボード代わりにしたり、情報共有場所として利用しています。

あとは、個人的に思考の整理にも使うことが多いです。もともと紙のノートを使っていたのですが、今はそれをStrap上でやっています。紙のノートがそのままオンラインに置き換わったようなイメージです。

紙のノートに記載したものって、誰かに共有したいときは結局データにする必要がありますよね。共有時の手間を考えると、オンライン上で思考整理した方が利便性が良いんです。テキストで考えを手軽にポンポン出せる付箋の機能がしっくりきています。

Strapでは複数人でもスピーディに付箋を作成できます!

── Strap利用前はどのようにミーティングをされていましたか?

遠藤さん
対面だったので、ホワイトボードを使いながら話すことが多かったですね。3月上旬に全社的に原則リモートワークになってから、オンラインツールの必要性を感じるようになりました。それからはオンライン上で使えるホワイトボードのツールなどを探し歩きました。

上田さん
実際に色々と試したのですが、Strapはカジュアルで自由度が高いところが気に入っています。

情報の網羅性を高め、時短を実現

── Strap β版をどんな場面で利用いただいたか、具体的に教えてください。

遠藤さん

大きく5つの使い方をしました。

1.アイデアボードとして
プロジェクトの目的・内容・コストなどを整理するためのボードとして活用しました。

2.ワイヤーフレーム作成
必要な情報を集約した上で、ボードの広さに制限がない状態でワイヤーを作ることができたのでとても便利でした。

3.チームメンバーKPT

4.ワークショップの運営
デザイナー向けの社内研修で使用しました。これを使ってねと共有しただけで、詳しい使い方は教えなかったのですが、みんな直感的に使えていたようです。

5.プロジェクト一元管理の場として
デザインチームのポートフォリオサイト内の新卒採用ページを作成する際、プロジェクト全体の管理に使用しました。ロードマップからページ作成時の遷移図まで全て同じボードで一元管理していたので、1%で見てこれだけの量の情報がボードに入っています。

デザインチームの新卒採用ページ制作時のStrap

── プロジェクト進行に必要な情報をStrapに集約しているんですね。利用前と利用後で、制作プロセスに変化はありましたか?

上田さん
情報が一箇所に集約できるので、何より時短になりました。以前はデザイナー以外に資料共有するために、複数ツール間で変換をしなくてはならなかったのですが、それが不要になりました。

Strap上なら一連の流れで分断がなく、一箇所にまとまっているので、見る側も作る側も便利です。

遠藤さん
Strapでは1個のボードに情報がまとめられるので、デザイナー以外の職種のメンバーや、途中から参加したメンバーもキャッチアップしやすいことが良かったです。特に新卒採用サイトのプロジェクトでは、ワイヤーフレーム作成やアイディエーションも楽にでき、オンライン上にあるプロジェクトルームのような感覚で利用していました。

上田さん
これまでは紙のノートに書いたものをオンライン上で「清書」して共有していましたが、Strapは思考をそのまま共有できるのが良いですよね。

── もっと自由度が高かったら良いな、と感じる点を教えてください!

遠藤さん
一つは、非公開のボードを作れるようになると嬉しいです。もう一つは、ユーザー追加がメールアドレスのみなので、急に参加者が増えた時に招待するのに時間がかかってしまうこと。オフラインで会議をしていたら、途中から来ても会議室に入ってホワイトボードを見ると、議論の流れがわかるじゃないですか。そんな風に、一人ひとりユーザー登録をしなくても、指定のワークスペース内のボードは簡単に見られたら嬉しいです。そうすればオフラインと同じ体験、操作感が持てますよね。

── ありがとうございます。ボードのアクセス権限を管理する機能は、絶賛開発中なので是非楽しみにしていてください!

ボードごとにアクセス権限を自由に変えられるようになります!

遠藤さん
最後にリクエストするなら、WindowsユーザーはMacのトラックパッドで拡大・縮小のような自由な動きができないので、Strap上でボードを動かしづらいようです。アドウェイズでもデザイナー以外のメンバーはWindowsユーザーが多いので、ゆくゆくはそこも改善されていくことを期待しています。

シンプルさを強みに、インフラとしての存在感を発揮してほしい

── これからStrapについて期待されていることを教えてください。

上田さん
できるだけ今のシンプルさを保ってほしいなと思います。機能の多いサービスは魅力的ですが、それがユーザーにとって最初のハードルになる場合もありますよね。現状Strapは、デジタルツールが苦手な人も抵抗感なく気軽に使いやすいので、みんなが使うという観点からベストだと感じています。もちろんアカウントの権限設定を細かくできることが大前提ですが。

遠藤さん
私も、あまり尖らないで欲しいです。たくさんの人が使っているツールって、チームや組織全体で使うことができます。新しいツールに対して食わず嫌いな人にとっても、導入ハードルが低く、例えばSlackのように当たり前にそこにある存在になってくれることを期待しています。

今後もリモートワーク中心の働き方が増えていくので、Strapがみんなにとっての共通のツールになれば一番良いですね。もっともメジャーなインフラとして、存在感を発揮していってほしいです。

── 遠藤さん、上田さん、ありがとうございました!

Strapにご興味を持ってくださった方へ

誰もが簡単に思考を図表化して、チームに共有し同じモノを見ながらコラボレーションできるStrapは、全てのチームのためのクラウドワークスペースを目指していきます。

資料ダウンロードはこちら: https://product.strap.app/resources
お問い合わせはこちら:https://product.strap.app/contact

最新のリリース情報はこちらで随時更新中!
公式Twitter
公式YouTube

Strapに関する記事一覧はこちら!
Strap紹介記事一覧