2020年9月1日に正式版をリリースをしたStrapは、チームでプロジェクトを進める全ての人に向けたクラウド型ワークスペースです。Strapを利用いただいている企業様へインタビューを実施し、Strapの魅力を探りました。

今回お話を伺ったのは『「創造」を通じて、新しい価値と文化をつくろう』をフィロソフィに、デジタル領域を専業とし、Webサイトの作成・運用はもちろん、サービス・製品の認知度を向上させるためのデジタル広告支援やECサイトの開発から売上改善施策までを専門のチームがサポートし、企業の課題解決・デジタルシフトを支援する株式会社monomode様です。最近では、議事録からプロジェクト管理まであらゆる情報を一元管理できる業務管理ツール「Huddler」(無料でβ版提供中)という自社プロダクトの開発を手掛けています。

お話を伺った方:
株式会社monomode 取締役 デジタルソリューション事業本部 統括マネージャーECソリューション局 マネージャー 横山 雄哉さん

小規模の導入から、社員の働きかけで利用シーンが拡大

──本日はよろしくお願いします。まずは現在Strapをご利用いただいているチームの構成や人数を教えてください。

よろしくお願いします。本日はStrapで簡単な組織図を作ってきたので、そちらを共有しながら説明します。

Strapは、私が統括マネージャーを務めるデジタルソリューション事業本部で主に利用しています。デジタルソリューション事業本部は、企業のブランド戦略、デジタルマーケティングを支えるWEBサイト制作や業種やビジネス規模に合わせたECサイトの企画・戦略、デザイン開発などをメインでやっている事業部です。

デジタルソリューション事業本部はディレクターチーム、エンジニアチーム、デザイナーチームが所属するクリエイティブ局とECコンサルティングチームが所属するECソリューション局に分かれ、全体で15名ほどのメンバーが所属しています。

──Strapを導入するに至ったきっかけや背景を教えてください。

導入のきっかけはもともと知り合いだったStrap開発チームの方からの紹介です。話を聞いてみて良さそうだったので、導入を前提にトライアルを開始し、チームの反応も良かったため正式導入を決めました。

Strapがシンプルな設計で使いやすく、社内にもすぐに馴染んで特に不満の声もありませんでした。導入当初はクリエイティブ局のディレクターチームがメインで使用していましたが、社員が自発的に活用シーンを拡大して行ったことで、今では事業部全体で使用しています

──Strapを導入して、業務にどのような変化がありましたか?

今までは企画や戦略などの業務ではチャットや表計算ツール、ホワイトボードでブレスト(ブレインストーミング)を複合的に使って行っていたのがStrapだけで行えるようになりました。また、複数人でのタスクの整理や企画が直感的に行えるようになったと感じています。

豊富なテンプレート機能をフル活用。チーム単位でのボトルネック可視化やタスク管理を推進

──Strapの具体的な活用シーンを教えてください。

私が所属しているECソリューション局では、ワークフローをフェーズごとに分類し、それぞれにタスクを割り当てています。monomodeではECサイトの分析や戦略、企画立案のフェーズをプランニングワークと呼んでいますが、主にこちらのプランニングワークのフェーズでStrapを活用しています。

現在は図の中で赤く色がついているタスクでStrapを活用しています。

具体的には、3C分析、SWOT分析などのコンセプト立案、ペルソナ作成、カスタマージャーニーマップの作成などがメインとなります。これらの業務を、Strapのテンプレートに含まれているフレームワークを利用しながら行っています。

お客様のヒアリングから、3C分析のテンプレートを使い事業環境を分析している様子仮想ペルソナからテンプレートを使いカスタマージャーニーマップを作成している様子

実はフレームワークありきというよりも、Strap導入をきっかけにフレームワークが社内に浸透した面があります。もともと社内でもこのようなビジネスフレームワークがあること自体は認識していましたが、どのようなツールを使って行うかの共通認識はありませんでした。

そのような中でStrapに様々なフレームワークのテンプレートがあることを知り、それに当てはめて進めていくことを試してみました。実際にやってみると単純明快でわかりやすく、使用することになったんです。

現在ECソリューション局では、ご覧いただいたようにワークフローを組んでタスク化することで、担当者ごとの属人性が高まることによる品質の低下をできるだけ回避したいと考えています。その中で、今はカスタマージャーニーマップの作成までしか使えていませんが、プランニングワークで使用するフレームワークはStrapに紐づけたいと考えています。

もう一つフレームワークを活用しているシーンとして、月に1度クリエイティブ局のディレクターメンバー全員で振り返りのフレームワークであるKPTを行っています。これも今まで振り返りを行う文化がなかったところ、StrapにKPTのテンプレートが存在しているのを知ったメンバーからの「やってみよう」という提案で活用が始まりました。

KPTを行うことで、どこのレイヤーがボトルネックになっているかが可視化されたりそれぞれのタスクが整理・共有されたりして、チーム内でかなり役に立っています。現在では、ディレクターチーム以外の社内業務でも浸透し始め、Strapを用いたKPTを行っています。

Strapを活用したKPTのやり方は、こちらの記事も参考になります
個人ではなく、仕組みを責めよう。グッドパッチ流「リモートKPT」のやり方

クライアントワークにおける社内外のコミュニケーションをサポート

クリエイティブ局では、ディレクターチームがお客様に提案を行う前に、複数メンバーでの思考整理や設計・デザインのすり合わせをStrapを用いて活用し始めています。

タブレットでメモしたことやプロトタイプツールで作成したワイヤーフレームをStrap上に貼り付け、カスタマーの行動に関する思考の整理として活用しています。また、デザインの参考サイトのキャプチャを貼り付け、担当のデザイナーに共有し、サイトデザインのイメージのすり合わせをしたりもしています。

最近では、ECソリューション局でお客様への提案でもStrapを利用する機会がありました。オンラインでの提案で、プランニングワークで作成したフレームワークの分析結果を画面共有してStrapの画面を見せながらご提案していましたが、お客様からの理解・納得度も高く、評価いただけたと効果を実感しています。

Strapを操作しながら説明できるので、関連するリンクを展開したり理由を説明するために資料を遡ったりということが簡単にできて便利に感じています。

──今後Strapの活用シーンは増えていきますか?

monomodeでも現在多くの社員がリモートワークをしており、今後もその状況は続くと思います。その中で、よりStrapを活用できるシーンはあると感じています。

例えば、営業資料の中にStrapで作成した図を盛り込んだり、外部公開機能を使って提案の中でお客様にStrapを見てもらったりできると考えています。

また、現在はStrap上のテンプレートをそのまま利用していますが、今後はテンプレートをもとにmonomode独自に改良し、局内で共有・お客様へ展開していくことも考えています。

──横山さん、ありがとうございました!

既存の業務への落とし込みだけではなく、Strapの機能をきっかけに新しい取り組みを実践し社内に定着させている事例でした。思考の整理や可視化を素早く簡単にできるStrapの価値を最大限活かして利用していただいていました。

Strapに興味を持ってくださった方へ

誰もが簡単に思考を図表化して、チームに共有し同じモノを見ながらコラボレーションできるStrapは、全てのチームのためのクラウドワークスペースを目指していきます。

資料ダウンロードはこちら: https://product.strap.app/resources
無料トライアルはこちら:https://product.strap.app/trial

追加機能やStrapの使い方についての最新情報はこちらで随時更新中!
公式Twitter
公式YouTube
公式Facebook

Strapに関する記事一覧はこちら!
Strap紹介記事一覧