UI/UXデザイナーを育成する「Designers Gym」を開始します!

なぜやるのか

Goodpatchは、2018年5月23日にデザイナーのキャリア支援サービス「ReDesigner」をリリースしました。デザイナーに寄り添いキャリアを一緒につくるというコンセプトに多くのデザイナー、企業が共感してくださり発表後も絶えずご相談をいただいています。
発表後、毎日デザイナーと企業の声を聞いている中で私たちが改めて確信したのは、圧倒的な「UI/UXデザイナー不足」ということです。

そしてなぜUI/UXデザイナーがこんなにも不足しているのか。
その理由の一つとして、UI/UXデザインを学べる場がそもそも少ないことにあると考えました。UI/UXデザインに取り組みたくても、教えてくれる人がいない。教育機関も少ない。ましてや実務レベルで実践的なことを学ぶ場所はほとんどないに等しい状況です。また、なぜ今ここまでUI/UXデザイナーが求められるのか。Webサービスやアプリが飽和状態になり、デジタルネイティブと呼ばれる若者たちが消費者となってきた2018年のいまはコンテクストの時代です。本質的なユーザー体験が求められているからです。

私たちがそんな業界のために、何かできることはないのかと考え続け「ないならば、つくればいい。私たちがUI/UXデザイナーを育成する場をつくり、集まる場になれば良いのではないか」という考えにたどり着きました。求められる今だからこそ、社内だけに止まらない場である「Designers Gym」を開始することにしました。

UI/UXデザイナーを世の中に増やしていきたい。
それが私たちの想いです。

Designers Gymについて

「Designers Gym」は、まだまだ経験値の少ないジュニアデザイナーを一人前のUI/UXデザイナーに育成するコミュニティです。
Goodpatch創業時も、経験豊富な人ばかりではありませんでした。もちろん創業したばかりで会社も無名で経験者を集めづらかったというのもありますが、やる気と高い情報感度があり、UI/UXデザインが好きな人たちを育成することで、良いUI/UXや世の中に評価されるプロダクトが次々と生まれてきました。

ちなみに今回「UI/UX」とあえて並べているのには理由があります。
今、この両方を理解していることが求められているからです。UIかUXのどちらかができるのではなく、デザイナーの知見として両方を求められることが多いのです。ものづくりの現場では、デザイナーは上流工程のUXから入り、それをプロトタイピングを繰り返しUIに落とし込むまでを一気通貫して取り組む必要があります。Goodpatchではこういったデザイナーの働き方を実現させるためにこのような関わり方をさせていただいていることもあり、UXデザイナーとUIデザイナーを明確に分け、UXデザイナーでもUIを理解していますし、UIデザイナーでもUXを理解している状態をつくっています。

そのため今回、私たちが提供する「Designers Gym」のカリキュラムでは、どちらの専門性を高めるべきか知ることができ、学ぶことができるようにしました。

Designers Gymが提供すること


「Designers Gym」は、Goodpatchが7年間培ってきたノウハウを元に、UI/UXデザイナーの育成を行います。UI/UXデザイナーの育成において特に重要なのは「アウトプット」「フィードバック」「インプット」です。それらをオンライン・オフラインで行い、デザイナーとしての自分を鍛え上げるために、お互いが切磋琢磨できるジムを目指します。

  • 仕事以外のアウトプットの機会(宿題形式)
  • トレーナーたちからのフィードバック(オンライン)
  • デザイントピックの情報提供(Goodpatchで話題になったおすすめ記事など)


その他の特典も色々と検討していますので、お楽しみに!

  • 宿題の他にもUI/UXに関する意見交換
  • 月に一度オフ会を開催(フィードバックもあり)
  • Goodpatchが主催するイベントにジム招待枠として参加
  • Goodpatchが主催するイベントの動画を閲覧
  • Goodpatchが主催するイベントの登壇資料を優先的に共有

こんな人におすすめです

  • よりUI/UXデザインスキルを伸ばしたい人
  • UI/UXデザインに挑戦してみたい人
  • 周りにデザイナーが少なくフィードバックの機会が少ない人
  • すでにデザイナーとして働いているがUI/UXデザインを学んでみたい人
  • 学生で今後デザイナーとしてキャリアを築きたい人(学部等不問)
  • 地方在住でUI/UXデザインを学ぶ機会の少ない人

どんどんアウトプットしていくことを推奨しますので、特に手を動かしながら学びたい方におすすめです。ソフトウェアなどのスキルは一切問いません。
デザインが大好き、デザインのスキルを高めたい、デザイナーとして高みを目指したい人を歓迎します!

Designers Gymのトレーナーたち

「Designers Gym」に所属するバックグラウンド様々なトレーナーたちを紹介します。
今後も続々と増えていく予定です。(共感してくださる方、ぜひ気軽にご連絡を!)

柿迫 航
Goodpatch Inc. デザイナー兼マネージャー
1987年生まれ。東京都出身。 Web制作会社のデザイナーとしてキャリアをスタートさせ、その後事業会社にてインハウスデザイナーに従事。 その後、株式会社CRAZYにてアートディレクターとして様々なコンセプトの空間デザインへと幅を広げる。 2017年5月に株式会社グッドパッチに入社し、自らデザイナーとして働く傍、マネージャーとして組織デザインにも挑戦している。デザイナーとしての枠を決めず、より本質的な課題解決を志している。

國光俊樹
Goodpatch Inc. UXデザイナー/プロジェクトマネージャー
クライアントワークをメインに担当し、新規事業案件やリニューアル案件など様々な案件に携わる。ビジネス視点とユーザー視点を行き来しながら、デジタルだけに閉じないリアルな場も含めた全体の体験設計を得意とする。高専卒で桑沢卒。グラフィック・エディトリアルデザイナー→WEBデザイナー→UXデザイナーという特殊経歴。

安藤昌也氏
千葉工業大学先進工学部知能メディア工学科教授/Goodpatch UXアドバイザリー
ユーザエクスペリエンス、人間中心設計、エスノグラフィックデザインアプローチなどの研究、教育に従事している。

高野葉子
Goodpatch Inc. コミュニケーションデザイナー
千葉大学大学院工学研究科デザイン科学専攻 高度デザイン教育プログラム、デザインマネジメント博士前期課程修了。新卒で入社したIT企業で新規事業立ち上げを経験したのち、オンライン教育系スタートアップ企業にて新規事業開発・推進を担当。Goodpatchには広報として入社しコミュニケーション全般、コーポレートブランディングなど担当している。

田中凱庸
Goodpatch Inc. コミュニティデザイナー
幼少期をアメリカで過ごし、大学ではアフリカやインドネシアのNGOで活動、異文化を超えたコミュニケーションに興味を持つ。Goodpatchには新卒として入社し、新規事業立ち上げを経験。現在は事業戦略室にて、コミュニティ運営を担当している。

応募方法

たくさんのご応募ありがとうございました!
多数の応募をいただいている兼ね合いで選考が発生いたします。
1期生は30名です。
選考結果は合否を問わず17日(金)にご連絡いたします。
※質問等ございましたらdesigners.gym@goodpatch.comまたは公式Twitterまでご連絡ください。
(2018年8月10日23:59更新)

応募後のプロセス

  • 選考結果は合否を問わず17日(金)に応募していただいたメールアドレスに連絡します。
  • 選考通過者には、決済方法とFacebookグループの招待URLをメールにてご連絡します。
    (2018年8月10日23:59更新)

月額

今回は一期生限定のお試し価格です。
月額6,800円(税込・毎月自動更新)

注意事項

  • 「Designers Gym」はデザイナーのスキルアップの場です。情報商材、採用の勧誘、宣伝行為などの学び以外の目的での参加はご遠慮ください。
  • メンバーが安心して気持ちよく学べる環境をつくるため、他者への誹謗中傷や嫌がらせ行為などは禁止とさせていただきます。
  • 「Designers Gym」のカリキュラムの外部への発信はご遠慮ください。感想やご自身のアウトプットのシェアなどは大歓迎です!
  • 「Designers Gym」内にデータをアップロードする場合、著作権等は個人の責任とさせて頂きますので予めご了承ください。

上記ルールに違反されることが判明した場合や、またはそれ相当と判断される場合は強制退会となります。(その際に会費の返金はいたしませんので、ご了承ください。)その他、諸規定については利用規約をご確認ください。

みなさんとお会いできることを、楽しみにしています!
たくさんのご応募、お待ちしています。

ABOUTこの記事をかいた人

haco

コミュニケーションデザイナー。千葉大学大学院工学研究科高度デザイン教育プログラム、デザインマネジメント博士前期課程修了。学生時代にはデザイナーを目指し6年間かけてUI/UXデザインを学ぶも卒業後は、ベンチャー・スタートアップ企業にて新規事業開発・事業推進を担当。Goodpatchには広報として入社しコミュニケーション全般、コーポレートブランディングなど担当している。
  • Goodpatch Blog