【世界のWebサイトを巡る旅】フランス編

どーもふとしです!
前回の【世界のWebサイトを巡る旅】UK編に引き続き、今回はフランス編です!
どんな、エスプリサイトが集まるのか楽しみだぜ(:3」∠)_

フランスのWebデザイン

ultranoir



AWWWARDSやfwa常連のultranoirです。サイト上はシンプルですが、遷移の仕方や、ブログの魅せ方も面白いです。

Nerisson



黒いモンスターが可愛いNerissonのWebサイトです。彼のResumeもかっこいいですね。
またResumeのUrlから分かったんですが、wordpressで作られてるサイトとは!

FCINQ.com

Topページからポートフォリオが載っています。クリックでDetailが見れて、VOIR LE SITEという所を押すとサイトに飛びます。なんていうかフランス語っていうだけでオシャレに感じますね。

UZIK



こちらもTOPからポートフォリオが載っています。こちらもAWWWARDSやfwaの常連ですね。サイトの白さが美しいです。

IMMERSIVE GARDEN

Flashで作られたサイトです。Photoshop,Illustrator,After effect,Premireなど様々なソフトを使えるみたいで、サイト全体で自己紹介をしているようですね。

octave&octave



白ベースに差し色で赤。シンプルかつセンスの良さを感じます。

Tyrsa



グラフィティからデザインに興味を持ったというだけあって、ポートフォリオの中にもグラフィティから影響を受けたと思われる作品がいくつもありますね。

Viens-La



僕にとって、ああフランスっぽいなぁ〜と思うサイトです。緑や青、黄色の色がフランスの雰囲気を醸し出しています。

THOMAS DOUMEN



最後にサムネイル画像のサイトです。Viens-Laのサイトもそうなんですが、僕は淡い色使いに僕はフランスらしさを感じるみたいです。全てのページが独特の雰囲気を持っていて、楽しいです!

ふとしの感想

前回の【世界のWebサイトを巡る旅】UK編に続いて今回はフランス編をまとめてみました。2つを比べてみるとやはり、色使いなどに違いが出ていますね。

僕の中では、フランスの=アメリの世界観というイメージ(偏見?)があるので、THOMASのサイトやViens-Laのサイトにフランスっぽさを感じました。

フィルターがかかった、ような淡い色使いにフランスっぽさを感じてしまうんですよね。(:3」∠)_

このまとめを見て、みなさんにも良いインスピレーションが沸くと、嬉しいです!

ABOUTこの記事をかいた人

futosi

ふとしです。受託案件を3~4年経験した後にBaltoという「アプリ配布のできるフィードバックツール」を開発しています。
  • Goodpatch Blog