gpdevcamp

こんにちは!広報の高野です。
Goodpatchでは2016年4月9日と10日の週末2日間を活用し、初めての開発合宿を行いました。
今回の記事では、開発合宿レポートをお届けします!

 

開発合宿実施の経緯

あまり知られていませんが、デザイン会社のGoodpatchで1番人数が多い職種はエンジニアです。「エンジニアが多いのにまだ開発合宿したことないよね、やってみよう!」というCTOの粋な計らいで初めての開発合宿を行うことになりました。
今回はあえて職種を問わずに何かを作りたい人を社内から募ったところ、エンジニアをはじめ、デザイナー、プロジェクトマネージャー、セールスマネージャーなど合計25名のメンバーが参加しました。

開発合宿のスタイル

shiori

合宿ということでそれっぽいしおりも作成し、前日に参加するメンバーに配布しました。

・作業するのはグループでも個人でもどちらでもOK
・自分のためのインプットアウトプットならばなんでもOK
・思う存分「もくもく」する
・ごはんはみんなと一緒に食べる

初回ということもあり特に決まりは設けず、思う存分ものづくりができるようにしました。

私たちが選んだ宿

gpmahoroba

私たちが選んだのはマホロバマインズ三浦
過去に宿泊したことのあるメンバーがいたことと、開発環境が整っていて都心からも近いということが決め手になりました。

マホロバマインズ三浦さんは、会議室には、Wifiが完備。追加でポケットWifiも貸し出してくださいます。私たちは各部屋に1台ずつ計6台ほどお借りして、部屋でもストレスなく作業できました。
延長コードや、ホワイトボード、大型ディスプレイもありブレストや成果発表にも支障ありませんでした。
会議室の中のレイアウトも、希望の島数などを事前にヒアリングいただきレイアウト変更も可能。開発環境としては十分でした。
またアメニティも豊富、お風呂の時間も深夜、早朝入浴が可能と柔軟だったため、自由に疲れを癒すことができました。

gpmahoroba2

お借りした会議室からの眺めはオーシャンビュー!

4月9日:1日目

10:00 集合
10:05〜13:00 もくもく
13:00〜14:00 ランチ
14:00〜18:00 もくもく
18:00〜19:00 ディナー
19:00〜21:00 もくもく
21:00〜 自由時間

kickoff

会議室に現地集合し、CTOからから一言。「思う存分、もくもくしようぜ!」
Twitterのハッシュタグ(#gpdevcamp)も作られ、それぞれの作業状況がリアルタイムにシェアされていきます。

10:05〜13:00 もくもく

setup

早速自分たちの環境を整え始めるメンバーたち。

setup2

13:00〜14:00 ランチ

kuji

いつものグッドパッチならばチームでものづくりをしたり、ワークショップを行いますが、今回のテーマは「ひたすらもくもく」。食事だけは、いろいろな人とコミュニケーションをとるために、くじを準備。同じ番号の人と近くに座るようにしました。

zukedon

ランチは人気メニューの漬け丼をいただきました。
食後はしばし自由時間。
IMG_0645
ベランダで心地よい風に当たったり。

IMG_0663
海まで出かけたり。もくもくした分、リフレッシュ。

14:00〜18:00 もくもく

ランチの後は、再びもくもくタイム。
場所にも慣れて楽しくなってくる時間です!

glass work
Slack for iOS Upload-24

IMG_0589


18:00〜19:00 ディナー

dinner

人気の彩りご膳。宴会スタイルでみんなで会話することが可能です。
宴会スタイルは、みんなで同じ話題を話せるのがいいところですね!

19:00〜21:00 もくもく・自由行動

夕食後は、各自ビーチを散歩したり、温泉にゆっくり浸かったり、思う存分もくもくしたり。
グッドパッチメンバーの夜は更けていきました。

4月10日:2日目

IMG_0817

10:00 集合
10:05〜18:00 もくもく
18:00〜19:00 成果発表
19:00 解散

10:00〜18:00 もくもく

この日は、10時までは自由時間。ビーチを散歩したり、ランニングするメンバーも。
10時からは成果発表に向けてもくもく作業タイム。昼食も各自自由で、まる1日もくもくしました。

IMG_0861 IMG_0845

IMG_0741

昼食は宿近くの有名な回転ずし「海鮮」へ足を運ぶメンバーも多数。大満足の様子でした。
もくもくする合間にはもちろんフィードバックをし合うのも、グッドパッチのカルチャーです。

18:00〜19:00 成果発表

いよいよ成果発表!今回の合宿で各自が自由に取り組んだテーマや、アウトプットについて共有します。

IMG_0877

Raspberry Pi 3のセットアップ、webcamとの連携にトライしたエンジニア。

IMG_0878

コードを書くのが大好きなCTOはAndroid Appでフォントアプリを開発。

IMG_0907

PebbleのWatchapp、Watchfaceのデザインと簡単な実装に挑戦した彼女は実はPMです!

IMG_0874

A-FRAMEを用いたVR applicationの実装をしたデザインエンジニア。

IMG_0888

ゼロからサービスを立ち上げたチーム。

IMG_0934

社内ツールのアイディエーションからProttでビジュアルデザインまで起こしたデザイナー。

一部を抜粋してご紹介させていただきましたが、他にも個性豊かなアウトプットが出揃いました。ビジュアルとして見える・動くアウトプットが多かったこともグッドパッチらしい成果発表でした。

まとめ

GoodpatchTokyo_2016-4月-10

開発合宿のあとにとったアンケートで集まったKPTはこのような内容になりました。

KEEP
・いつもと違う環境でモノ作りができたこと
・普段できないことに挑戦できる雰囲気
・気軽にレビューし合える仲間
・もくもくしてる空気にゆるい緊張感
・海の近くのホテル
・近場だけど非日常的な環境
・2日間まるまる使える時間があった

PROBLEM
・2日間はよかったが土日の2日間だと翌日が大変
・やりたいことが絞れなかった

TRY
・自分の中でのゴールを設定してみる
・3連休などを活用してみる
・静かに集中する場所とワイワイ議論する場所を物理的に分ける

はじめての開発合宿レポート、いかがでしたでしょうか?
今後も定期的に開発合宿を実施していく予定です。一緒にもくもくしたいエンジニア、デザイナーの皆さんぜひ気軽に遊びに来てくださいね!
私たちと一緒にもくもくしてくださる人はこちらからご連絡ください!