参考にしたい!思わず押したくなるiOSアプリのボタンデザインまとめ

こんにちは、初めまして!

今日からMEMOPATCHブログの更新をさせていただく、だいきです。

よろしくお願いします!

先日「280万回押されるボタンのデザインとは」 という記事を読み、
アメーバから出ている「きいてよ!ミルチョ」
「きいてよ!」ボタンが押したくなるようなデザインで とてもいいなーと感じました。

そこでアメーバの「きいてよ!ミルチョ」のような
「思わず押したくなるようなデザインのボタン」 を10個ピックアップしてまとめてみました!

(各アプリ名のリンクはiTunesに飛びます)

きいてよ!ミルチョ

内容: 人には言えないノロケ・愚痴・思いつき・ひらめきをキャラクターに聞いてもらえるアプリ
コメント: このアプリで一番押すボタン(きいてよ!ボタン)が立体的で押したくなるデザイン。

phoster

内容: 簡単にオシャレなポスターが作れるiOSアプリ
コメント: homeなどのボタンが海外のステッカーみたいでオシャレでわかりやすい!

Shopography

内容: バーコードをスキャンして、友達におもしろい商品を紹介できるアプリ
コメント: 全体的にレトロなデザインのアプリ。押した所のボタンのデザインがわかりやすく変わる。

HUGG

内容: カップル専用のチャットアプリ、デバイスをふることでメッセージが送れる
コメント: 画面右上のリボンを押す(or 下にスライド)ことでパートナーとのプロフィール画面が出てくる演出がオシャレ。

友達を探す

内容: appleからでている友達が今どこにいるかを探せるアプリ
コメント: 全体的に皮製品みたいなデザインのアプリ。押す前はアイコンがへこんでいるけど、 押すとアイコンだけ浮き上がり周囲がへこむデザインがオシャレ。

Project Noah

内容: 自然を愛する人々が家の周りの生物を観察して記録できるアプリ
コメント: 上記画面にある四つのアイコンの質感がリアルだし、わかりやすい。

weesh

内容: カップルとクローズドなタイムラインでコミュニケーションがとれるアプリ
コメント: アプリを起動してすぐ立ち上がるのがタイムラインの画面。 そこで一番頻繁に使うであろう「Add」ボタンが他のボタンに比べて浮き上がっているよなデザインでわかりやすい。

Hipstamatic

内容: トイカメラ風の写真が撮れるカメラアプリ
コメント: アプリが全体的にレトロなカメラ風のデザインのアプリ。シャッターを切るボタンもぷにぷにしてそうな質感でとてもリアル。

Carry

内容: 行きたい飲食店や場所を備忘録としてリスト化し、マップ検索や位置情報から検索できるアプリ
コメント: 起動してすぐの画面には上記ボタンが二つあるだけ。しかしこのアプリのコンセプトを理解していれば矢印の向きで、何をするボタンかがわかる。

Summly

内容: ウェブのコンテンツを箇条書きとキーワードの一覧に要約するアプリ
コメント: 記事本文を長押しすると上記画像にもある四つのボタンがくるくるまわりながら出てくる。片手で、しかも指をあまりせずにシェアなどのボタンを押せる工夫がすごい。

感想

今回まとめたブログのボタンはどれも
「見た目だけでそのボタンを押すと何ができる、何が起こるかがわかる」
ものでとても勉強になりました。
ぜひみなさんのデザインの参考になると幸いです!

ABOUTこの記事をかいた人

小川大樹

プロジェクトマネージャー/ UXデザイナー 受託事業を担当し、新規事業案件やリニューアル案件、数値改善プロジェクトなど様々な案件に携わる。
  • Goodpatch Blog