MEMOPATCH

ますます高まるデザインの重要性!デザイナーが立ち上げたWebサービスまとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

エンジニアが立ち上げた会社と言えば、GoogleやAmazon、Facebookなどが有名ですが、デザイナーが立ち上げた会社と聞いて皆さんはどんな会社を思い浮かべますか?その優れたデザインで話題になったPinterestやPathなどのサービスは、デザイナーが共同創業者として名を連ねており、デザイナーが会社を立ち上げることは珍しくなくなってきました。そこで今回のMEMOPATCHでは、創業者(または共同創業者)がデザイナーのWebサービスを8つ紹介します!

Pinterest

https://pinterest.com/‎
デザイナーEvan Sharpは友人二人とサイドプロジェクトとしてPinterestを作りました。とはいえあくまでサイドプロジェクトであったため、その後Facebookでデザイナーとして働きはじめます。EvanはPinterestが気になっていたものの、当時のPinterestはお金もなく、彼自身も学生ローンの支払いがあり経済的に余裕がなかったためにFacebookで働き続けていましたが、最終的にはデザインとフロントエンドを担当するべくFacebookを離れ、Pinterestで働くようになりました。

Fab

http://fab.com/
来年日本に参入すると言われているEコマースサイトFabは、デザイナーのBradford ShellhammeをCDO(最高デザイン責任者)として創業されました。

Kickstarter

http://www.kickstarter.com/
クラウドファンディングサービスKickstarterの創業者3人のうちの1人に、デザイナーのCharles Adlerがいます。

AirBnB

https://www.airbnb.com/
CEOのBrian Cheskyは大学時代インダストリアルデザインを専攻しており、大学時代に知り合ったJow GebbiaをCPO(最高プロダクト責任者)としてAirBnbを立ち上げました。共同創業者がどちらもデザイナーというのは珍しいですね。

Behance

http://www.behance.net/
2012年にAdobe社に買収されたクリエイター向けのオンラインポートフォリオサイトBehanceには、共同創業者にデザイナーMatias Coreaがいます。CEOのScott Belskyはビジネススクールに通っていた頃にデザインのコースを取っており、その頃からデザインの重要性を認識していたと言います。Behanceのアイディアを実現するにあたって、プロダクトやブランド、メッセージやビジネスモデルなど全てがデザインされている必要があると考え、デザインを深く理解しているパートナーを探していました。そうして出会ったのがMatiasで、彼はそれまで紙のデザイナーでありWebデザインの経験はなかったそうですが、二人は意気投合し一緒にBehanceを立ち上げました。

Path

https://path.com/
UIデザインで有名になったPathにも、共同創業者としてデザイナーDustin Mierauがいます。

Vimeo

https://vimeo.com/
動画共有サイトのVimeoの共同創業者はデザイナーのZach Klein。彼は現在子供向けの工作サイトDIYのCEOです。

about.me

https://about.me/
誰でも簡単にシンプルでスタイリッシュなプロフィールページが作れるabout.me。共同創業者にUXデザイナーRyan Freitasがいます。



以上8つのWebサービスを紹介しました。近年デザインは他社サービスとの差別化を図る重要な要素となっています。これだけ日々多くのサービスがローンチされ、似たようなアイディアのプロダクトが次々と生まれてくる中で、見た目や使いやすさはユーザーにとってサービスを選ぶ上での一つの基準になり得るでしょう。創業者(または共同創業者)がデザイナーであることによって、初期の段階からデザインの重要性を全員が理解し、良いデザインのプロダクトを生み出すことが出来るのかもしれませんね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RECRUIT

Goodpatchで一緒に働きませんか?

弊社ではエンジニア、ディレクター、デザイナーを随時募集しています。インターネットが大好きで、UIデザインを愛し、新しいことにチャレンジしたい、という方なら大歓迎!皆様からのご応募をお待ちしております!

Goodpatchに今すぐエントリー


RELATED ENTRY

Twitter and RSS

ブログの更新情報はTwitterやRSSで流します。UIに関する記事を投稿します。